KURAGE online | 宜野湾 の情報

KURAGE online | 宜野湾 の情報

「 防衛省 」 の情報 

基地内医療者に優先接種を開始 沖縄県内対象200人

防衛省によると、県内では宜野湾市の海軍病院などで働く約200人が対象となる。6月中に終える見込みという。 ワクチン接種を巡っては昨年12

辺野古移設予定区域の南側海域、土砂投入による「陸地化」が完了…防衛省発表

防衛省は30日、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事に関し、移設予定区域の南側海域について、土砂の投入による「

遺骨残る土砂「使わせない」 辺野古埋め立て、沖縄一丸で反発

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)移設に伴う名護市辺野古の埋め立て工事で、沖縄戦の激戦地だった本島南部の土砂を使う防衛省の計画に反発が

徳之島空港に米オスプレイ着陸 事前通告なし、20分後離陸

空港は運用時間外だった。 九州防衛局によると、機体は米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)所属。防衛省からは県に

遺骨混入土砂の埋め立て使用「許されない」 沖縄県議会が意見書可決

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省が太平洋戦争末期の沖縄戦で激戦地となった沖縄本島南部からの

辺野古代替施設、防衛省「日米共同使用考えていない」

防衛省は14日、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の移設先として工事を進めている名護市辺野古の代替施設について、米軍と自衛隊との「恒常的

辺野古埋め立て用土砂採取計画 都内の若者ら反対の声 勉強会「遺骨が混じった土使うのは矛盾 ...

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への県内移設工事を巡り、防衛省が沖縄本島南部で埋め立て用土砂の採取を検討している

沖縄問題に当事者意識を=大学生・西尾慧吾・22

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への県内移設に伴い、防衛省は沖縄戦の犠牲者の遺骨が今なお眠る本島南部の土砂を

辺野古埋め立て工費、当初の1.6倍に 入札経ずに増額

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、防衛省が埋め立て工事の契約変更を繰り返し、発注から2年半で工費が

Copyright© KURAGE online | 宜野湾 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.