KURAGE online | 宜野湾 の情報

KURAGE online | 宜野湾 の情報

「 返還 」 の情報 

基地のない沖縄「遅々として進まない」 本土復帰49年、集会で

最後に米軍普天間飛行場(宜野湾市)の早期閉鎖・返還や名護市辺野古への県内移設計画の撤回などを目指すアピール文を採択した。【竹内望】.

基地のない沖縄「遅々として進まない」 本土復帰49年、集会で

最後に米軍普天間飛行場(宜野湾市)の早期閉鎖・返還や名護市辺野古への県内移設計画の撤回などを目指すアピール文を採択した。【竹内望】

「基地のない沖縄への願い進まず」 復帰49年で訴え

平和団体の代表ら約30人が集まり、普天間飛行場(宜野湾市)の早期の閉鎖・返還や、名護市辺野古への移設反対などを訴えた。 復帰後の1978年から

沖縄復帰49年 基地依存経済からの脱却も、コロナ直撃

基地負担軽減の象徴として日米が普天間飛行場(宜野湾市)の返還に合意してから今年で25年になるが、県内移設の条件が足かせとなり、実現してい

普天間返還合意から25年 工事長期化、実現遠く 辺野古の戦略的価値見直しも

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)返還に合意してから25年となった。県民の声を無視する形で名護市辺野古への移設工事が続く。

「普天間で思い継承」 加藤官房長官、モンデール氏死去悼む

... たモンデール氏が橋本龍太郎首相(当時)との間で米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意したことに触れた上で「モンデール氏の思い

普天間合意25年 辺野古抜きの返還探れ

日米両政府が沖縄宜野湾市の米軍普天間飛行場の返還に合意してから二十五年。返還の前提とされた名護市辺野古への移設は完了のめどが立たない

在沖米軍「前方重視」か「拠点分散」か 戦略の変化は

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意したのは、1996年4月12日。この25年で日本周辺の戦略環境は様変わりした。

移転した機体が飛来、騒音も 「負担軽減」の普天間で

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に日米が合意して12日で25年となった。当初「5~7年以内」とされた返還は、条件となった県内移設を

電撃合意から25年、遠い返還 耳をふさぐ官邸の内心は

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意した1996年4月12日から、25年がたった。返還は実現しないまま、広大な基地が

Copyright© KURAGE online | 宜野湾 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.