KURAGE online | 宜野湾 の情報

KURAGE online | 宜野湾 の情報

「 米軍 」 の情報 

米軍ヘリ、今夕離陸か 修理不可なら海上輸送 津堅不時着

松川正則宜野湾市長は沖縄防衛局と外務省沖縄事務所に、電話で安全管理の徹底などを求めた。公明党県本部も沖縄防衛局を通じ、米軍に抗議した。

那覇駐屯地「鎮守の館」に今もある沖縄戦のジオラマ ナレーションに響く「わが軍」

米軍が上陸して宜野湾や浦添、首里城一帯で旧軍が交戦し、南部に撤退した様子を時系列で追う。 スクリーンに当時の映像を映し、ジオラマの電飾で

米軍オスプレイ2機が佐世保に飛来 日米仏訓練の人員輸送

米軍の輸送機オスプレイ2機が10日、普天間飛行場(沖縄宜野湾市)から長崎県佐世保市の米海軍赤崎貯油所に飛来した。昨年5月4日以来で

変わらぬ普天間、失望 墓参りは年に1日だけ 返還合意から四半世紀

近くの宜野湾市野嵩(のだけ)で暮らす電気工事業、大川千尋さん(66)は11日、米軍から立ち入りの許可を受け、今年も年1回だけの墓参を

辺野古代替施設、防衛省「日米共同使用考えていない」

防衛省は14日、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の移設先として工事を進めている名護市辺野古の代替施設について、米軍と自衛隊との「恒常的

普天間返還合意25年 裏切られた期待「何も変わらない」

沖縄宜野湾市にある米軍普天間飛行場の返還合意から12日で四半世紀がたった。太平洋戦争末期の沖縄戦時、住民が暮らしていた土地に米軍が

墓を建てたのが先 米軍基地は後にできたのに「墓参りになぜ許可が必要?」と問う親族

沖縄県の宜野湾市によると17年前から、同飛行場内の墓を訪ねるには米軍に事前の立ち入り申請が要る。ことしは、11日のシーミーに合わせて

「トモダチ作戦」に敬意 在沖米軍があす黙とうと警報 東日本大震災発生から10年で

宜野湾】在沖米軍は東日本大震災から10年となる11日、米軍による支援活動「トモダチ作戦」に敬意を表し、県内の全基地で、地震発生時刻の

社説[米教授沖縄批判論文]差別意識と決め付けと

普天間沖縄戦で宜野湾へ侵攻した米軍が土地を強制接収したものだ。日本軍は関与していない。 ほかにも「米国は寛大に沖縄を統治したが、それが

基地内のお墓2基の撤去 米軍、日本側に求める 資材置き場エリア拡張で

宜野湾市によると、防衛局は「米軍の運用上の所要。新たな施設整備ではない」との見解を示し、墓の所有者の承諾を得たと説明したという。

Copyright© KURAGE online | 宜野湾 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.