KURAGE online | 宜野湾 の情報

KURAGE online | 宜野湾 の情報

「 移設 」 の情報 

名護市長選に現職出馬表明

渡具知氏は2018年の市長選で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を容認する自民、公明両党などの支援を受けて初当選した

米軍基地移設容認の現職が出馬表明 沖縄・名護市長選

来年2月に任期満了を迎える沖縄県名護市長選に、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を事実上容認する渡具知武豊市長(59)

変わらぬ要衝 常に有事

沖縄の「負担軽減」を掲げる日本政府は普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設にまい進する一方、軍縮に向けた具体的な

辺野古、一部の陸地化完了 防衛省沖縄防衛局

防衛省沖縄防衛局は30日、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設に関し、軟弱地盤を含まない区域約41ヘクタールで、

辺野古、一部の陸地化完了 防衛相「工事着実に進めたい」

岸信夫防衛相は30日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の移設に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事に関し、軟弱地盤を含ま

辺野古へ普天間「移設」 80年に検討

米海兵隊が1980年代、普天間基地(沖縄宜野湾市)の「移設」先として同県名護市辺野古を選択肢の一つに挙げていたものの高い建設費のため

遺骨残る土砂「使わせない」 辺野古埋め立て、沖縄一丸で反発

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)移設に伴う名護市辺野古の埋め立て工事で、沖縄戦の激戦地だった本島南部の土砂を使う防衛省の計画に反発が

普天間合意25年 辺野古抜きの返還探れ

日米両政府が沖縄宜野湾市の米軍普天間飛行場の返還に合意してから二十五年。返還の前提とされた名護市辺野古への移設は完了のめどが立たない

普天間返還合意25年 反対から容認へ 元宜野湾市長「あの努力は何だったのか…」

同県名護市辺野古への移設を容認した元宜野湾市長の比嘉盛光(せいこう)さん(82)が産経新聞の取材に応じ、いまだ返還されていない現状に、「

普天間返還合意25年 対立続き進まぬ移設 民意に変化も

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意してから、12日で25年を迎える。だが、同県名護市辺野古への移設をめぐる国と

Copyright© KURAGE online | 宜野湾 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.