KURAGE online | 宜野湾 の情報

KURAGE online | 宜野湾 の情報

「 沖縄県宜野湾市 」 の情報 

緊急事態宣言「解除は不安」 沖縄知事

沖縄宜野湾市で記者団の質問に答えた。玉城知事は「(県独自の)七つの警戒レベル指標のうち四つがレッドゾーン」と指摘。「あすの会議では『

無免許・鉄パイプ持ち58号蛇行 少年2人を道交法違反容疑などで逮捕

宜野湾署は4日、無免許でバイクを二人乗りし、同署敷地内に侵入したほか、沖縄宜野湾市の国道58号宜野湾バイパスで鉄パイプを振り回しながら

オリックスの宮城、交流戦を満喫 プロ野球

DeNAは出身地の沖縄宜野湾市をキャンプ地としており、中学生の頃に見学に行ったことのあるチーム。「普段対戦しない打者と対戦できて、

(社説余滴)復帰半世紀、変わらぬ異常 後藤啓文

沖縄宜野湾市の中村桂さん(48)は上空のヘリに思わず身構えることがある。油の切れた回転翼がヒュンヒュンとこすれるようなおかしな

沖縄・名護市長選 現職が再選出馬意向 自民系会派の要請受け

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の県内移設工事が進む名護市の市長選(2022年2月任期満了)について、現職の渡具知武豊(とぐちたけとよ)

沖縄へ基地押し込む「日本の都合」 元市長の見た辺野古

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の移設先に浮上して25年近く。辺野古を抱える名護市の歴代市長は5人目になりますが、「移設反対」を掲げて

沖縄の民意と外交・防衛と 岩屋毅元防衛相が語る責任

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の移設先である名護市辺野古の沿岸部に、埋め立てのための土砂が投入されたのは2018年12月。強まる県側の

辺野古土砂投入、なぜ踏み切った 岩屋毅元防衛相に聞く

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の移設先である名護市辺野古の沿岸部に2018年12月、埋め立てのための土砂が投入されました。強まる県側の

鳩山元首相「最低でも県外」は混乱? 福島瑞穂氏の視点

鳩山政権は、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の移設計画見直しを掲げたものの、最後は名護市辺野古への移設案に回帰した。「混乱」の象徴と

普天間返還は現行案で急ぐべき 元防衛官僚の危機感

2009年に誕生した鳩山政権は、米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の「県外移設」をめざした。政治主導を掲げる政権の政治家と米政府の板挟みに

Copyright© KURAGE online | 宜野湾 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.