KURAGE online | 宜野湾 の情報

KURAGE online | 宜野湾 の情報

「 沖縄戦 」 の情報 

遺骨残る土砂「使わせない」 辺野古埋め立て、沖縄一丸で反発

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)移設に伴う名護市辺野古の埋め立て工事で、沖縄戦の激戦地だった本島南部の土砂を使う防衛省の計画に反発が

遺骨含む土砂の使用「許せない」 沖縄県議会、全会一致

辺野古の埋め立ては、政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画に伴う工事。本島南部は太平洋戦争末期の沖縄戦で激戦地となり、今も

遺骨混入土砂の埋め立て使用「許されない」 沖縄県議会が意見書可決

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省が太平洋戦争末期の沖縄戦で激戦地となった沖縄本島南部からの

沖縄問題に当事者意識を=大学生・西尾慧吾・22

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への県内移設に伴い、防衛省は沖縄戦の犠牲者の遺骨が今なお眠る本島南部の土砂を

遺骨眠る土で辺野古工事やめて 官邸前ハンスト15日目

沖縄宜野湾市で育った。沖縄戦を生き延びた父の背中にはやけどの痕が残り、母は「死体の上を歩いた」と涙ながらに語ったという。 県南部には

沖縄・糸満で戦死者とみられる遺骨8体 ガマで発見

沖縄では、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設計画を巡り、防衛省が沖縄戦の激戦地・沖縄本島南部から取った土砂を埋め立てに使う

遺骨の眠る土「辺野古に使うな」ハンスト貫く

米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)移設に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立て工事に、防衛省が沖縄戦の激戦地だった本島南部の土砂を使おう

社説[米教授沖縄批判論文]差別意識と決め付けと

普天間沖縄戦で宜野湾へ侵攻した米軍が土地を強制接収したものだ。日本軍は関与していない。 ほかにも「米国は寛大に沖縄を統治したが、それが

<未来に伝える沖縄戦>艦砲爆風で3人焼死 伊波義雄さん

宜野湾市嘉数で生まれ育った伊波義雄さん(82)は6歳で、沖縄戦を体験しました。嘉数から南部に移動し、真栄里の陣地壕で米軍の毒ガス攻撃を

返還合意から四半世紀 動かぬ普天間基地

宜野湾市中心部のおよそ480ヘクタールを占める普天間基地は、1945年の沖縄戦のさなか、米軍が集落を破壊して建設した飛行場だ。戦後、

Copyright© KURAGE online | 宜野湾 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.