KURAGE online | 宜野湾 の情報

KURAGE online | 宜野湾 の情報

「 基地 」 の情報 

ラムズフェルド元米国防長官が死去 アフガン戦争を推進

日本の米軍普天間基地(沖縄宜野湾市)を上空から視察した際に住宅密集地に立地する基地の危険性を認識し、早期の移設実現が必要と考えたと

そのガードレールは誰を守る? 歩道側にはないのに基地側にあるのはなぜ?

宜野湾】米軍普天間飛行場東側に隣接する宜野湾市の市道宜野湾11号では、ガードレールが歩道側ではなく、基地のフェンス沿いに設置されている

そのガードレールは誰を守る? 歩道側にはないのに基地側にあるのはなぜ? /沖縄

宜野湾】米軍普天間飛行場東側に隣接する宜野湾市の市道宜野湾11号では、ガードレールが歩道側ではなく、基地のフェンス沿いに設置されている。

これっ、知ればしるほど危ない法案です。

基地や原発の周り1kmというけれど、普天間基地のある宜野湾市は、市内がほとんど対象になるという。 自分の住んでいるところが、土地の利用を

普天間基地返還合意から25年の春、米国モンデール元駐日大使逝く

普天間飛行場は、沖縄宜野湾市にある米軍海兵隊の基地で、市の面積のおよそ4分の1を占める巨大な施設だ。周囲には住宅地や学校が密集してい

普天間返還合意から25年 #1 ~返還合意から25年を振りかえる~

この25年の歴史を振り返りるとともに、基地の返還実現に向けて、必要なこととは・・・ 町記者「宜野湾市の住宅街が立ち並ぶ、まさに真ん中に、

電撃合意から25年、遠い返還 耳をふさぐ官邸の内心は

日米両政府が米軍普天間飛行場(沖縄宜野湾市)の返還に合意した1996年4月12日から、25年がたった。返還は実現しないまま、広大な基地が

<南風>基地と水の安全と子どもたち

SNSにアップした、のどかな水遊びの写真にも宜野湾に住む先輩からもすぐに連絡があり、「基地からの汚染の可能性が高いから水遊びも避けた方が

(社説)土地規制法案 乱用の恐れがぬぐえぬ

米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市をはじめ、多くの民有地が規制対象になり得る。離島も多い。ただでさえ基地の重圧に苦しむ県民に、さらなる

市民掲示板 日本の基地問題、ネットでシンポ 大阪弁護士会・あす /大阪

... を進める沖縄県名護市辺野古や新基地に移転予定の米軍普天間飛行場がある宜野湾市の人々が、基地とどのように向き合って生活しているのか。

Copyright© KURAGE online | 宜野湾 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.